珪藻土とBGM *makitaの充電式ラジオ

b0251466_10594764.jpg
実は、数週間後に引越しを控えている我が家。
半年にわたっていろいろと検討して打合せして準備してきたわけですが、
いよいよいろんなものが形になりつつあります。

お友達のダンナさまにプランニングしていただき、
そこからご紹介いただいた施工管理の方は同い年で、
相談もしやすくストレスのないコミュニケーションができるステキな人。
さらに、その方が声を掛けて集めて下さった職人さんたちの、
素晴らしいことといったら!!


珪藻土の塗り方を調整するため、先週も現場に。
すると、そこで左官屋さんが見せてくれたのは、めくるめく技術!
「大きなケーキみたいなもんです」なんて口にする若い左官屋さんは、
それはそれは気さくでお話上手で、技術はもちろん、センスがいい!
こちらの好みをくみ取りつつ、いろんな方法を提案しながら、
その場であっという間に、感覚のすり合わせがしっくりと完了。

まさかこんなに若い左官屋さんとは思わず、
そのギャップにまずびっくりしたのだけれど、
東京駅のパパブブレとか、オシャレなお店のいろんな無茶なオーダーに応えながら、
いろんな方法を模索して、素材もいろいろ、
おもしろい左官を手掛けているのだとか。
さらにパッションもあって、
「日本中の家屋、全部塗り壁にしちゃえばいいと思ってるんです。
 ほんと、今回の選択、大正解ですよ!」と太鼓判。笑
「一軒一軒、気持ち込めて塗ってます。…高いんで。笑」だって。笑
謙遜するのではなくて、誇りと自信を持って穏やかに仕事をしている様子が、
本当に素敵だなぁ…と思ったのでした。

完全に自然素材の、質のいい珪藻土を選んだので、
コストが高い分、一部のお部屋にだけ塗ることを選んだのだけれど、
話を聞けば聞くほど、その機能にビックリ!
「フラットに塗るより凹凸を付けた方が表面積が増える分、調湿効果が増しますよ」とか
「別の部屋に貼った壁紙接着剤から出るシックハウスの成分も吸着してくれます」とか!
何より驚いたのは、
「コーヒーやお茶をこぼしてシミになっちゃったら、ほっといてください。
 時間はかかりますけど、半年くらいで勝手に成分が分解されて、真っ白に戻るんで」
…ですって!!


そんな風に仕上がった壁は、とてもお気に入りなのだけれど、
そのセンス抜群の左官屋さんが持っていたステキなスピーカーに、
これまた興味津々!!!

現場用機械のメーカー「マキタ」というところが手掛けている現場用ラジオなのだとか。
これまた熱く語って頂いたところによると、
防水(短時間の風雨ならOK)、防塵、耐衝撃、そしてリーズナブル!!
「日本が誇るメーカーです!!」とのこと。笑
でも、重そうですね…って持たせてもらったら、意外と軽いのにもビックリ!!

新居にお手軽で素敵なオーディオ家電を探していたので、
ググッと興味が引かれたものの、CD再生機能がないところで足踏み中…。
キャンプが趣味になったら買おうかな…。(=一生買わない気がする…。)
 






[PR]