3rdのダイニングテーブル *新しいインテリア

b0251466_20342144.jpg
新居に大奮発!したのは、ダイニングテーブル。

そもそも今回のリノベーションでは、
元々家具屋さんにお勤め経験があるという後輩ちゃんのダンナさまに、
間取りのプランニング含め、いろいろとご相談にのっていただいたのです。

すると、「広々としたリビングには、大きなダイニングテーブルが似合いますよ」と。
結婚した時にダイニングセットを買っていたので、新調するのは気が引ける…
というのも正直なところだったのだけれど、
今回の新居の広さには存在感のあるテーブルでないと空間に負けてしまう、と。
いろいろ相談する中で、既存のダイニングセットは、
塗装と高さの調整をし直して、ワークテーブルに用途を変更。
そして、メインのダイニングテーブルは、ドドーンと210cm!の
スペシャルサイズのオーダーメイドにすることに…!!!

元々お勤めだった家具屋さん、3rdに同行して頂いて打合せを行い選んだのは、
今回貼り直す無垢のフローリングに合うウォールナット。
我が家の価値観からしてみれば、
清水の舞台にのぼっては飛び降り、のぼっては飛び降り…を
繰り返すくらいのお値段でしたが…。


そして引っ越しの翌日。
ダンボールがいっぱいのお部屋に届いたのは、
それはそれは温かみのあるブラウンが美しい大きなテーブル!!
素敵!!!
いい色!!!!


オーダーしたのはいいものの、「…入るのか?本当に入るのか…???」と、
工事中の現場に立ち入ってはダイニングのサイズを測り、
「…どうやら平気そうだね…」となんとなく納得する、という行為を
実は何度も繰り返した私たち。笑
でも、当然、ちゃんと図面から割り出してくれていたわけで、笑
どどーんと大きいテーブルは、あっという間にお部屋になじんでくれたのでした。


今回、ダイニングテーブルを新しくするなら…と決めていたのが、
いろんな形の異なる、お気に入りの椅子を集めること。
「テーブルの上から覗く背もたれの形がたまらない!」と
アーコールチェアを探したものの近くに扱うお店が見つからず…
いつも通う美容院にアーコールチェアがあることに偶然気づき、
購入したお店を聞き出して、神奈川まで足を伸ばしてみたり、
はたまたボーエ・モーエンセンの椅子を伊勢原で買ってみたり…
そんな2012夏は、遥か昔。笑


この大きなテーブルで、お友達を招いてワークショップをしたり、
家族でワイワイご飯を食べたり、
未来に生まれる子供が宿題をしたり、するのかな。

大事に使っていきたい宝物です。








[PR]
by yaji-cafe | 2012-11-20 20:34 | living