handmade christmas wreath

b0251466_2105179.jpg
今年も、私のクリスマスのお仕事が終了しました。

昨年から、お友達を中心に販売を始めた手作りのクリスマスリース。
自腹を切って慈善事業になりかけた前回の教訓を生かして、笑
今年は少しお値段を上げさせて頂き、じっくり作らせてもらうことに。



11月の後半になると、お花屋さんにヒムロスギやヒバ、ヒノキ…といった、
数々のコニファーがお目見えします。
リースベースに、短く切り分けたコニファーを
ぐるぐるとしっかりワイヤーで巻きつけて。
生のコニファーを使うと、時間が経つにつれてドライになってボリュームが減るので、
たっぷりとした量をギュギュッと巻いていくのがポイント。
それから、コニファーは数種類を混ぜて使うと表情や色味が深く豊かになります。
私のお気に入りはヒムロスギとブルーアイスの組み合わせ。
そこに気ままに木の実やオーナメントをデコレーション!


今年リースを手にしてくださった方々からとても多かった反応は、
「いい香り!」という驚きの声。
そうなんです、とっても気持ちいいこの香り、わかってもらえてうれしい!!
フンワリ香るその緑のにおいを体で受け止めると、
「冬だ!クリスマスがやってくる!」と、
リースを作りたくてそれはそれはうずうずしてしまうのです、本当に。笑

コニファーのトゲトゲで傷ついた手はヒリヒリするし、
ヤニにまみれた指先を何度も石鹸で洗ううちに親指もひび割れてしまったけれど、
雪が舞う寒い地や、お子さんのいるご家庭、SNSで知り合ったまだ見ぬお友達…
それぞれのクリスマスにささやかな彩りをお送りする役目を今年も終えて、
少しホッとしながら過ごしています。

…まだクリスマスはこれからなのにね。笑





[PR]