ユーカリとサンキライでクリスマス *簡単リースの作り方

b0251466_19101372.jpg
お天気がよかった今日は、午後からゆっくりお散歩。
最近、お仕事と家の片づけに追われていたので、
久しぶりのゆっくりとしたプライベートの外出です。

お花屋さんでは、ダイニングテーブルにあしらうお花をお買いもの。
その中にあったユーカリの大きな枝1本。
テーブル用にはちょっとしか使わないので、
余った枝をグルリと丸めてリースを作ることに。
でも、せっかくなので、ちょっとクリスマス仕様にしてみました。
思いつきで作ったのだけれど、これが簡単でかわいい!


-------------------------------------
《材料》
・ ユーカリの枝 1本 (今回はグニユーカリを使っています)
・ サンキライの枝 2~3本 
・ ワイヤーや紐など、枝を留めるもの

《作り方》
1.ユーカリの枝をグルリと丸めて、紐(またはワイヤーなど)で留めます。
  (この時点で、ユーカリの葉がついた脇枝がピョンピョン飛び出していてOKです)
2.1でつくったユーカリの土台に、サンキライの枝を螺旋状にラフに巻きつけていきます。
  この時、ピョンピョン飛び出してリースの円形を乱しているユーカリの脇枝を、
  サンキライと一緒にゆるく巻き込むようにしていくと、形が整います。
  (サンキライの枝で、ユーカリを押さえるイメージ。
   サンキライは、特に紐などで留めなくても固定されますが、必要なら留めます)
3.この段階で、まだ暴れているユーカリの枝があれば、
  すでに固定されているユーカリの脇枝に挟み込んだり、
  サンキライの枝に絡めたりして仕上げます。

≪ポイント≫
・ ユーカリの枝の太い部分は、弧を描きにくいですが、
  優しくギュッギュッと少しずつ力を加えると、ゆっくり曲がってくれます。
・ サンキライは、ドライになりきっていない、枝に柔らかさがあるものがオススメです。
  リース状になっていない、まっすぐな枝が使いやすいので、
  お花屋さんに聞いてみるといいかも。
-------------------------------------


我が家では、玄関のハンガーラックの上に。
ちょっと零れ落ちる赤い実が素敵な雰囲気に仕上がりました。

お子さんがいる場合には、これに松ぼっくりをつけたり、
リボンをつけるとかわいらしい雰囲気になりますよ。
作り始めればあっという間に完成のカンタンリース、ぜひ。








[PR]