旅でみつけたかわいいもの *alpaca remake

b0251466_14405492.jpg
前日のボリクコーヒーと並んで、絶対に行く!と楽しみにしていたのは、
京都・一乗寺で、alpacaさんに寄ること。

結婚式でもお世話になった大好きなお花屋さんに立ち寄ったおととしの年末。
お友達が一乗寺でOPEN準備をなさっている、という素敵なお店の話を聞きました。
「自分自身も子育て中のかつての仕事仲間が、京都にお店を開くの。
子連れでもゆっくり楽しめるような、授乳なんかもできるところで、
アンティークのあれこれや子供服をたくさん並べるみたい!」

しかも絶対的に信頼(というか崇拝。笑)しているお花屋さんのお友だちのお店、
かわいくて素敵に違いない!
…そんなわけで、OPEN前の時期から1年以上、憧れ続けていたのです。


ワクワクしながらお店のドアを開けて、
共通の友人やお花屋さんのお話をしながら名前を名乗ると、
フレンドリーでパワフルなオーナーさんは
「初対面」なんて文字はないのでは!?というくらいに
とっても楽しく明るくいろんなお話をしてくれたのでした。

想像通り素敵な空間には、想像以上に素敵な雑貨やお洋服がいっぱい!
なにから見たらいいのかわからないほど、
何て言ったらいいか…もう素晴らしいセンスを詰め込んだ住みつきたいほどの空間。
(写真を撮ったのに…iPhoneの調子が悪くて、すべて消えていたのが憎いくらい!)
自分で身に着けたいもの、お部屋に飾りたいものも、
本当にたくさんあったのだけれど、
あまりにもかわいかった子供服に狙いを定めて、お買いものすることに。

でも、子供服って言っても、我が家の赤ちゃんはまだ性別が確定する前…。
たぶん…とは言われているけれど、変更があるかもしれません!と言われていて。
「どうする?性別決まってないよ…」
「でも、かわいいよねぇ…」
「ねぇ…」
「大丈夫だよ、変更ないでしょ、もう、買っちゃおう!」
「うん、飾っておいてもかわいいしね!!!」
(…勢い以外の何物でもない…)


最初に心をわしづかみにされたのは、
LONDONのブランド、NIXIE CLOTHING
(あぁ、本当は教えたくない…だっていまだに狙っているから!)
アンティークのスカーフをふんだんに使っていて、
もう、自分で着たいくらいかわいいのです!!!
シルクだし、汚したり扱いが心配なのはたしかだけれど、
でも出産前のこの時期だからこそ、贅沢に、現実的になり過ぎずに、
とびっきりの1枚がほしい気もするのです!!!!

「これ、かわいいね!」
「ね!これいいね!!!」
「…でもさ、私とあなたの子だしさ、LONDONがどこまで似合う顔かねぇ…」
「確かにね…」
「色味もね…似合うならいいけど、
 似合わないのにここまでオシャレなの着てたら、親バカだよね…」
…と、経済的な部分とは別の理由から、泣く泣く見送り…。
(あぁ、この場にもう生まれていれば!!)


b0251466_14411410.jpg
そしてもう一つ素晴らしかったのが、alpacaさんが直接ディレクションしている、
「alpaca remake」のシリーズ!
メンズのニットなどなどをリメイクして、すばらしい世界観で仕上げたお洋服たち!
(しかも嬉しいことにリーズナブル!!)



b0251466_1441273.jpg
アンティークレースを使っていたりとか。
ディテールにもときめきが止まらないのです!!



これまた迷って迷って迷って迷った結果、
「もしかしたら2か月くらいでサイズアウトしちゃうかも…」という
alpacaさんからの忠告ももう気にしない!!というくらい
私も夫も一目ぼれだったサーカス団員みたいなグリーンのパンツと、
こちらは長く纏わせることができそうなポンチョをお買い上げ。

「あー、あとは無事に産むだけだわ!」
(これが一番心配で、簡単なようで一大事!)


本当はこの後、もう一軒のお店に1時間ほど立ち寄る計算で
計画を立てていたのですが、
おしゃべりがあまりにも楽しくて、
お店の品々があまりにもかわいすぎて、
そんなタイムスケジュールは完全無視。
(結局、その後予定よりも短時間で寄ったそのもう一軒は、それなりで、
 むしろもっとalpacaさんで寄り道していればよかったと思ったのでした。)


帰ってきてから10日経つ今でも、alpacaさんのことばかり考えています…。笑





* おまけ * -------


alpacaさんで夢中なお買い物を繰り広げている最中にやってきた
おしゃれでかわいい親子さん。
そのチビッコの名前は、実は私と夫が第一候補で考えているわが子の名前と
一緒なのでした。
驚いて、思わずこっそり顔を見合わせた夫婦二人。
もう、運命に違いない!!!














[PR]