New year has come!

b0251466_22152028.jpg
Photo by Toyokazu Nagano



お正月から、すっかり通常運転の毎日に戻っていますが、
遅ればせながら、年始のごあいさつ。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

新年と言えば、目標。
いつも漠然とテーマを描きつつも
年末には「なんだっけ?」だった私が、
珍しく目標をしたため、こっそり携帯していた2013年。
が、しかし、妊娠・出産によって、
それ自体がナンセンスになる目標も多く
(いや、「●kg痩せる!」とか…)、
さらにバタバタして通り過ぎた2014年…。

が、しかし。
今年は、目標を考える、というよりは、
昨年末から「あぁしたい、こうしたい」が、
自分の中で明確にムクムクと湧き出てきて、
それにしたがって自然に動く日々、という感じ。
1月早々、スタートダッシュで、
「追われる毎日」ではなく、
「描いた毎日」を、思ったよりは過ごせている気がします。

主婦としての目標、
母としての目標、
仕事の目標。

それぞれ今ここでは語りませんが、
早くも一歩を踏み出せているテーマもいくつかあって、
なんだか、いい年になりそう。
(…と信じている。)

前職は、常に「わたしはどうしたい?」かを
問われ続ける場所で、
それは素晴らしいのだけれど、
私の場合は、
用意されたステージでの毎日を積み重ねることで、
「こうしたい」を描かずとも、
充実した毎日を送れてしまっていました。
でも、年次を重ねれば「こうしたい」を描いて
自分を、周りを、引っ張っていくことは当然必要で、
でもわたしはその場所で「こうしたい」が、
どうしても見えなくて、描けなくて、
退職した、というのが、一つの理由。

単純に、これからの自分に合わなかった、と思っているので、
そこに敗北感や罪悪感はないのだけれど、
あのころのわたしに胸を張れるくらいの過ごし方を
どうしたらできるかな…と思い始めたここ最近だったので、
今年のスタートダッシュは、
個人的に、とても嬉しく感じています。


…そんな中、先日久々に目にした星占い
わたしは「蟹座」なのだけれど、
自分で定めた今年のベクトルと、
ここに書かれた言葉が、驚くほど一致していました。


2014年後半から2015年前半にかけて、
蟹座の人は自分の手で価値あるものを獲得するために、
精力的に行動していくことになります。
(中略)
「確保する」「根付かせる」「形にする」段階から、
「交換する」「解体する」「変容させる」段階へ。
(中略)
2015年に蟹座の人が乗り込む目に見えない列車は、
「次の場所」に向かって走り続けます。
列車が向かっている「次の場所」とは
「関わるべき人々のいる世界」であるはずです。


あぁ、ますます楽しみな2015年!











[PR]
by yaji-cafe | 2015-01-12 22:40 | greeting