カテゴリ:かわいい!( 40 )

b0251466_2165965.jpg
あの子に送ったお手紙、
封筒を開けると、かぼちゃが飛び出してごあいさつ。

”Happy Halloween!”


お手紙好きで知られる木下綾乃さんのアイデアを拝借。
メールにはない楽しさ。
お手紙って、こうやって遊べるところも好きなのです。


---
木下さんと言えば。もう何年も前に、
ユトレヒト(当時は代官山にあった!)に
在廊(在店?)していたところに私がたまたまお邪魔してお会いしたことが。
ちょうど私が買うことにした「手紙を書きたくなったら」が出版された時で、
「この人が書いた本だよ、サインもらったら?」と促され、
「じゃぁ…」とお願いしたことが。
「じゃぁ、って!」と、お店の方と木下さんに苦笑いされた思い出…。笑
(全く悪意も他意もなかったのです、もちろん!
 今はとても好きだし、ツイッターもフォローしてるし!!!笑)


 

[PR]
b0251466_21415925.jpg
先週の金曜日は横浜へドライブ。
この日から始まった、家具の展示会に。

以前から長い間憧れていた広松木工の家具。
HPを見て、「わー素敵」「これも欲しい!」なんて、
妄想を繰り広げていたのだけれど、
実物を見ずして大物買いをする勇気がないのはもちろんのこと
(広松さんは九州の家具屋さん)、
なにより先立つものが…ね…。

…と、いまのお家のリノベーションを控えた一年前、
ちょうど新宿で展示会が。
長く住むお家だから気に入ったものを大切にお招きしよう!と、
室内の飾り窓の前に、ドドーン!!と、ローチェストを2台、
購入させていただいたのでした。
いまでも、とってもお気に入り。


b0251466_2142137.jpg
今年の横浜の会場は、エントランスからして素敵な佇まい!
そして、フロアにつくと、白とグレーの、
それはそれは広ーいスペースが気持ちいい空間。
いろいろな家具がコンセプトに合わせて並べて置かれ、
夫も「…ここに住みたい」と。笑
窓から覗く横浜の海の風景も素敵で、
空が暗くなってからは
夜景と家具の組み合わせがそれはそれは素敵なのだとか!


b0251466_21422729.jpg
あの頃は、影も形もなかった娘と、今年は一緒に。
そして、あのころはさしてじっくり見ることもなかった、
キッズの家具の数々を吟味して、
少し先に、小人の世界のように小さな、
でも丁寧に作られた特別な家具を用意してあげたいなぁ、と
ワクワク想像を膨らませてきたのでした。

…お金ためなくちゃ!



-----
WHITE FUSION 広松木工家具個展 2013

9月13日(金)~ 9月 23日(月・祝) 11:30~20:00
 ※最終日は17:00 まで
BankART Studio NYK




[PR]
b0251466_16345570.jpg
昨日は楽しみにしていた展示へ。
rytasでスタートした、「ふたりのボタン展」。

昨年marbleさんの、素敵な素敵なガラスボタンを手に入れて、
それはそれはキュンキュンしたのだけれど、
今回は、さらにROPSさんのボタンも一緒というではないですか!

このROPSさん、
rytasのスタッフさんでもある作家さんによるボタンブランド。
以前、rytasのブログなどで作品を見ることがあって、
それはそれは、もうツボなわけです!
「ぜひ、今度ボタンの展示やってください!」と、
直接お願いしたほど。笑
ちょっと愉快なデザインや、素敵な色使い。
素材も樹脂なので、お洗濯など、扱いやすいのもとても嬉しい。
散財、確定。笑


b0251466_16362444.jpg
お店には、6kgになった(生後2か月半足らずなのにー!)
娘を片手に抱えて。
ぐっすり眠るいい子だったのでゆっくり選べたのだけれど、
じっとり汗だく、そして腕も背中も腰も痛くなり…。笑
でも、そんな筋肉痛になってもなお迷うほど、
本当にかわいい…!笑

やっと選んだのは、4種類のボタン。
ピアスにしようか、娘のヘアピンにしようか、
はたまた私や娘のお洋服につけようか…。
ときめきながら、いろいろと想像を膨らませているところです。


展示は、9/8(日)まで。



[PR]
b0251466_13144552.jpg
娘の内祝や、ご報告のお手紙を送るのに、郵便局に行くこともしばしば。
そんな時は、必ず窓口の脇に紹介された記念切手をチェック!

…むむむ、かわいい!
この夏の、ふみの日切手!!

最近はキャラクターものやシール型の発売が多いけれど、
昔ながら(?)のイラストで、ちょっと懐かしい感じが、
やっぱり切手には似合うと思うのです。
そして、今回は久々のヒット!


近いうちに使うのは50円切手の方が多そうだったのだけれど、
迷った挙句、蚊取り線香やトウモロコシ、素麺にキュンとして、
「80円のシートをください!」

…お手紙書く用事はないけどさ、
でも、ポストに突然コトリと届く、なんとなく書かれたお手紙って、
何だかとっても嬉しいし、
だから用事がなくても気軽にお手紙書けばいいし、
郵便局からなら小包送るのにも使えるし、ね!!


外出の時間も限られている分、
おうちで過ごす時間が増える今の時期。
娘がちょっと眠る間の、ちょっとした楽しみが増えました…!




[PR]
b0251466_855057.jpg
だいぶ目が見えるようになり、
じーっと興味のあるものに、まばたきもせず視線を据え、
あやすと顔いっぱいににっこりと笑顔を見せてくれるようになった娘。
ゴロゴロねんねしているだけでは飽きることも多くなって、
メリーを用意することに。

選んだのは、デンマーク生まれのモビール、「Flensted Mobiles」。
我が家のリビングには、帆船5艘がゆらゆらゆれる「Viking」が飾ってあって、
夫婦そろって、とってもお気に入りなのです。

今回は赤ちゃん用に選んだのは、
もうすこしかわいらしいモチーフで、
まだおぼつかない視覚にもとまりやすいハッキリした色を…ということで、
Balloon」を。
ちょうどベビーベッドが窓辺に置いてあるので、
出窓に飾れば、ふんわりゆらゆら揺れる気球が目に留まるんじゃないか、って。
(ただ、高層階なので、強風でふんわりゆらゆらどころじゃないかも!?笑)



b0251466_8552574.jpg
赤ちゃん用に作られたいわゆるメリーとは違って、音楽も流れないけれど、
ゆらゆら揺れて、くるくる回るバルーンに、さっそく釘づけの娘!
一人で笑ってる。笑
大成功!



少し大きくなっても、そのまま子供部屋に飾れるね。
そのころ、どんな女の子になっているのかしら?





[PR]
b0251466_8552691.jpg
突然届いた小包から出てきたのは、
私と娘へのプレゼント!


センスのあるお友達が私たちのために用意してくれたのは
真っ白な名刺サイズのカードの隅っこに
ピンクゴールドで娘の名前がつづられた、
娘のためだけの、オリジナルのメッセージカード。
しかも、お店には2年ほど版が保存されているので、
期間内なら同じ版でレターパッドや封筒なども作れるんですって!


素敵!とってもとっても素敵!


娘が生まれたのとほぼ同時期に、
お嫁さんになって京都に移り住んだお友だち。
前に、彼女がお母さまに作ってもらったという
お名前入りのカードを受け取った時、
とてもいいね、と私が言ったのを覚えていてくれたのだそう。
「お手紙や贈り物が好きな私がかわいく使ってもいいし、
 娘が大きくなってから手にしてもいいと思って…」と。

オーダーしてくれたROKKAKUは京都のショップで、
実は結婚する前に夫と旅行に行ったときに立ち寄ったこともあるお店。
あの時は、まさかここで自分の娘へのプレゼントが選ばれるなんて、
思ってもみなかった!


言葉を大切にしながら、
人に思いを伝えることをしていってほしいね、と、
娘が産まれる前に夫に話したことがあります。
このカードに、娘が思いやりをもって、
誰かに思いを綴ってくれますように。


どうもありがとう!





[PR]
b0251466_12495692.jpg
数字やアルファベットを適当に切り抜いて、チクチクチク。
裏表2枚を縫い合わせたら、綿を詰めて、ふんわりころりん。

お名前が決まった時は、ローマ字を並べて。
1か月記念には、数字を転がして。

お腹にいるときから楽しみにしていたのは、
手作りの文字とたわむれる記録写真。

簡単だけどかわいくて、楽しいのです!




[PR]
b0251466_904445.jpg
最近は、マザーズバッグを探す旅を重ねていたのだけれど、どうにもいいものが見つからない…。
(伊勢丹新宿店限定のミナ・ペルホネンの新作もチェックしたのですが、
 個人的に生地感が、荷物を詰め込むマザーズバッグとしては何とも…。)

悩んだものの、お買い物も近場で済み、車移動が中心となりそうな我が家、
いろいろ考えた結果、ひとまず大き目のトートバッグを用意して、
その中にポーチやバッグインバッグで荷物を詰め込む!という選択肢になりそう。

さて、そうなると中に入れるポーチやバッグをかわいく揃えたいところ。
小さ目のポーチは数多くあれど、
赤ちゃんのお着替えなどをいれる大き目の巾着がほしいなぁ…と
ぼんやり考えていたところ…ひらめいた!

ずいぶん昔にお買いものした、
Homes' underwearでもらったエコバッグ。
プリントがかわいくてとても気に入っていたのだけれど、
薄地1枚で荷物を入れるのに心もとなく、仕舞い込んだまま…。
これを、巾着にリメイクすることに!

持ち手を取って(私は面倒だから、はさみでカット!笑)、
紐の通し口の部分にミシンをかけて、
あとはバッグの口を2つ折りにして、直線縫いするだけ。
容量たっぷり、しかも軽量でお洗濯もしやすい
かわいい巾着が、本当にあっという間に完成しました。

むむむ…これはかなりのお気に入り。
以来、家中に、眠っているお気に入りのエコバッグはなかったっけ…?と
捜索する日々です。笑






[PR]
b0251466_1713389.jpg
最近のお気に入り。
GWにcholonで買った、青が鮮やかなリネンのカーディガン。

一枚で存在感があって、でも着回しもしやすい、キレイ色の一枚を探していて、
そんな気分にピッタリ。
少し汗ばむ今の季節も、サラリと羽織るだけでとても気持ちいい。
小さなピンを胸に飾ってもかわいい。





b0251466_1714721.jpg
ちょっと気が向いて作ったのは、リネンとリバティの端切れを使った
簡単ヘアターバン。
出産したら、なかなか髪を切ったり、
ヘアスタイリングに時間を割くことができそうもないから、
これで何とかなるかしら?

私にはハチマキっぽくなるのでは…と不安だったけれど、
鏡の前で合わせてみると、あら、なかなか使えそう。




b0251466_172076.jpg
ヒントをくれたのは、最近お気に入りの一冊、「普段着BOOK」。
最近ファッション誌の類は一切買っていないのに、
こちらはふらりと立ち読みして、なんだか気に入ってしまったのです。
「これだけお金出したお洋服合わせたら、そりゃかわいいわよね…」とか、
「この世界観を実現するには、ワードローブ一新しないとだめだわ…」とか、
そういうコーディネイト本は多い気がするけれど、
こちらは、自分の持っているお洋服をどう生かすか、着まわすか、何を買い足すか、
そのための現実感のあるヒントが。

パラパラ見るのにもピッタリ、しっかり読み込むにもピッタリ。
なかなか、オススメです。







[PR]
b0251466_12492065.jpg
突然舞い込んできた仲良しさんからのお誘いで、木~金と一泊二日するはずが、
これまた突然舞い込んできた風邪の便りで、予定がぽっかり空いた2日間。
予定を見越して、お仕事も水曜日にがんばってしまったし、
平日休みの身軽なお友達は少ないし…さて、どうしよう?

ということで、木曜日に2日分の家事をギュギュッと凝縮して、
昨日は行こうかどうしようかと迷っていたかわいいイベントに一人遠征することに。


* かわいい布博 http://textilefabrics.jp/

昨日からスタートした3日間のこのイベント。
HPをのぞいて目にするテキスタイルたちのかわいさに、はるばる町田まで…!
もともと、手紙舎が主催するイベントは気になるものが多かったのですが、
最近場所が遠かったり都合が合わなかったり…で
久々の参戦です。

会場には、布小物やフェルト、布地の販売などなど、数々のお店がひしめき合って
ワクワクする雰囲気!
前から気になっていた点と線 模様製作所では
すごーく素敵な刺繍の入った布地も売っていたのですが、
なんと50cm 6800円(!!)。
初心者の技術では宝の持ち腐れ…というか恐ろしくて、
プリントのカットクロスで手を打つことに。
赤ちゃんのリバーシブルスタイにしたり、Tシャツに縫い付けてもきっとかわいい。
余ったら、コースターにしてもステキかも。
それから、フランスのヴィンテージテープは、シンプルな既成のベビー服に
ワンポイントで縫い付けたらかわいいかな、とか。
(ろくにお裁縫なんてできないくせに、かわいいものを手に入れると
 自分にもできるような気になってしまう単純さ…。
 まずはいよいよミシン探しに出かけなきゃ!
 どんなのがいいかしら…むむむ。)
他にも、かわいい布巾やアクセサリーをいくつか購入。


それから、意外にハマったのが、
このイベントで初お披露目となる「aitim」というブランドが紹介していたパーカオマー
タイの布で、赤ちゃんのハンモックやブランケット、おむつ替えの敷物に…
男女問わず大人のマフラーやショールに…
ピクニックマットに…
と、万能な布で、どのチェック柄もかわいい!!
汗だくになりながら異常なほど巻きまくり(笑)、
夫とも兼用できそうなChocolate mintをセレクト。



物欲も、製作欲も、むくむく刺激される楽しい気軽なイベントでした。
明日まで。




* おまけ * -----


真剣に物色していた目線をふと脇にずらすと、
見覚えのあるおチビちゃんの顔が!
なんと、Instagram上でのお友達に、偶然遭遇したのです!
初対面だったけれど、かわいい娘さんの顔つきと
いつもiPhone上で目にしていた素敵な手作り子供服を身にまとっているのを見て
ご本人だと確信!
突然声をかけてしまう不審者でした。笑
いやーうれしいビックリ!











[PR]