<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

b0251466_162757.jpg
昨日の朝、突然届いたのは、2年前のあの日と同じお花たちの、かわいいブーケ。

なんと、私たちの結婚式を担当してくれたプランナーさんからの、結婚2周年のお祝い!
箱を覗いた瞬間に、何も言われなくても、
あの披露宴の会場装花と同じ色合いにしてくれていることに気づいて、
しかも結ばれていたブラウンのリボンも、あの日と同じ!



b0251466_16271119.jpg
実は、彼女とはもうすっかりお友達。
たまにお茶したり、この夏は一緒にスカイツリーに昇ったり
でも、私はとてもとても細かいこだわりや要望が多い新婦だったものだから、
2年前の結婚式当日は、とてもドキドキしたって、後から聞かせてくれました。笑

彼女のおかげで、お願いしたことを一つのミスもなく実現してくれて、
だからあの日は心から楽しかったし、
2年の時を経てもこんな素敵な心遣いをしてくれる彼女に担当してもらえて、
本当によかった。



b0251466_1627162.jpg
さらに、今回贈ってくれたこのブーケ、もう一つのサプライズが。
なんと、2年前に担当してくれたフラワーコーディネーターさんの手によって
作られたもの…と!
あの日の会場は、本当に想像通りどころか、想像以上の仕上がりで、
彼女にも、とてもとても感謝しているのです。
今でも、あのお花の写真を見るのが、とても大好きで、とても幸せな気分になるほど。


大事な思い出を、こうして思いもよらない形で蘇らせてくれる素敵な出会いに感謝。
そして、そうやって関わってくれた人、見守ってくれている人に
恥じない夫婦でいたいものだと思います。


今日も、かわいいかわいいオールドローズのいい香りが、お部屋に漂っています。
ありがとう。





[PR]
b0251466_16322387.jpg
先日のお友達の結婚式を前に、
花嫁さんから相談が。

「yajiちゃんの時みたいに、
 ゲストみんなに配るちょっとしたギフトを手作りしたいの。」


自分の結婚式では、50名の女性ゲストに、
造花で1つ1つデザインの違うリングを作って、
受付で自分好みの1つをセレクトしてもらったのだけれど、
そこに出席してくれていた彼女は、
今回、男女全員に、ブローチやヘアクリップにできるようなアイテムを作りたい…と。
「不器用だけれど、大丈夫かなぁ…」と心配していたけれど、大丈夫大丈夫!!

私は式の前日に、ブーケを作るついでに、まるで内職(むしろ機械…)のように、笑
自分でも驚く速さで右脳に任せて仕上げたのだけれど、
もっと早く準備をしたって、時間をかけて考えたって、
問題ないのが造花のいいところ。
そんなわけで、花材の仕入れと試作品、アドバイスをまとめたお手紙を、
遥か、宮城の地へ!


今回はゲスト全員、90個分…しかもそこまで制作に慣れていないとなると、
とても大変だったと思うのだけれど、
当日は新婦のイメージチェンジのタイミングでゲスト一人一人に力作が配られ、
みんなが思い思いに身に着け、一斉におめかし。
特にかわいかったのが、子供たち。
パパやママの分まで手に入れて、髪につけたりする様子を見ると、
とても心が温まるのでした。


よくがんばった、yuricoさん!




[PR]
b0251466_16233067.jpg
新しいおうちには窓がたくさんあるので、
朝焼けも日の出も夕暮れに染まる街も見ることができます。

お仕事用のワークデスクも出窓の前に置かせてもらったのだけれど、
集中から現実世界に戻ってハッ!と気づくと、
空がそれはそれは美しくて、急いでカメラ片手にベランダへ、
ということがとても多くて、
お仕事が中断することもしばしば。

いいのか悪いのか、
でも、こういうのもなかなか気に入っています。


明日は、もしかすると、
この冬一番の冷え込みになるそうです。


[PR]
by yaji-cafe | 2012-11-27 16:28 | daily life
b0251466_1415864.jpg
お仕事の仕入れに、お友達の結婚式…。
忙しかった連休の最終日は、ちょっと遅めの結婚2周年ディナーへ。

記念日当日は「あれれ?もしかして今日は結婚記念日??」という、
夫婦初心者らしからぬあっさりしたものだったのだけれど、
2人でゆっくりお食事できる時間は意外と限られているのだから…と
バタバタお店を探してもらいました。
…と、その協力姿勢に本当は感謝すべきなのは重々承知しているけれど、
目の前で予約のお電話をしてくれた夫を見て
「…サプライズも何にもないのか、ちぇっ!ちぇっ!!」と、
シューンとした(むしろ直接毒を吐く…笑)私が確かにそこにいたのです…。笑

でも、ビストロのようなそのお店は
カジュアルだけれどちょっと特別な居心地のいいお店で、
コースのお料理もとてもおいしくて、
普段はワインを飲まない夫も
「せっかくだから!」とグラスワインをオーダーしてくつろぐ、
とても楽しい時間を過ごせたのでした。

そんなわけで、おいしいし、楽しいし、十分満足だわっ!と、
険悪だったサプライズ事件なんて忘れたころに運ばれてきたのは、
なんとスペシャルなデザートプレート!!
どうやら、私がガッカリしたのを見て、こっそりお店にお話し直してくれたみたい。

ないはずのサプライズがあった!というサプライズで、私、上機嫌!!
ありがとう!!笑




付き合うまでの期間も、付き合ってからの期間もとても短くて結婚を決めた私たちは
夫婦になってもまだまだ恋人気分で楽しめることが多かった半面、
私が長いものに巻かれない気の強い性格なものだから
お互いのこと、お互いの家のこと、一緒に暮らすことについて、
とてもたくさんケンカをして、疲れてしまった時期もあったのが正直なところ。
でも、そうやって過ごした結婚1年目を終え、
前より少し努力して、少し理解しあえて、
「あぁ、結婚って、いいのかも。楽しいかも!」って思えたのが、
この2年目だった気がします。

3年目も、いろんな出来事や大きな変化がありそうだけれど、
多分人よりちょっとお調子者で、ちょっと愉快でヘンテコな私たち夫婦が、
自分達らしく大笑いして過ごしながら、
1年後にはもう私がチクチク言わなくてもサプライズが待ってる結婚記念日を
再び、迎えられたらいいな、と思うのです!笑









[PR]
by yaji-cafe | 2012-11-26 14:41 | daily life
b0251466_1719656.jpg
今日はお友達の結婚式。
私たちの結婚式のときは、プロフィールDVDを作ってくれた彼女の新居は東北なので、
新郎を差し置いて、式場選びに同行させてもらう、という、
とても貴重な経験をさせてもらいました。笑

他にも、ブーケやゲストへのプチプレゼントの制作のお手伝いなどなど…
準備に首を突っ込ませてもらったのに加えて、
クリエイティブなお友達が多い新郎新婦なので、
ペーパーアイテムやら写真やら、いろいろかわいいだろうと
出席するのがとても楽しみだったわけです!

そんなわけで、ご祝儀袋にもこだわりたい!

私自身、大量のご祝儀袋を前に、
その多くの方々から頂いた思いの保管や処分に少し悩んだ経験があったので、
実用的でかわいいご祝儀袋がいいなぁ、と。
ハンカチや手ぬぐいのご祝儀袋も多く出回っているのでイメージには近いのだけれど、
やけに和柄!だったり、使い勝手のあまりよくなさそうな素材感だったり…
だったら自分で新婦らしいハンカチを使って手作りしちゃおう!!

そんなわけで、こちらの作り方を参考に、初挑戦。
すると…簡単!かわいい!!!
もっと早く手作りしておけばよかった!!!
小さ目のハンカチと、水引代わりのかわいいヘアゴムなどを選べば、
お年玉用のポチ袋にも使えそうです。


こういう小さなことにも喜んでくれる彼女。
二人の新たな門出に、ちょっとした彩りになりますように。




[PR]
b0251466_20342144.jpg
新居に大奮発!したのは、ダイニングテーブル。

そもそも今回のリノベーションでは、
元々家具屋さんにお勤め経験があるという後輩ちゃんのダンナさまに、
間取りのプランニング含め、いろいろとご相談にのっていただいたのです。

すると、「広々としたリビングには、大きなダイニングテーブルが似合いますよ」と。
結婚した時にダイニングセットを買っていたので、新調するのは気が引ける…
というのも正直なところだったのだけれど、
今回の新居の広さには存在感のあるテーブルでないと空間に負けてしまう、と。
いろいろ相談する中で、既存のダイニングセットは、
塗装と高さの調整をし直して、ワークテーブルに用途を変更。
そして、メインのダイニングテーブルは、ドドーンと210cm!の
スペシャルサイズのオーダーメイドにすることに…!!!

元々お勤めだった家具屋さん、3rdに同行して頂いて打合せを行い選んだのは、
今回貼り直す無垢のフローリングに合うウォールナット。
我が家の価値観からしてみれば、
清水の舞台にのぼっては飛び降り、のぼっては飛び降り…を
繰り返すくらいのお値段でしたが…。


そして引っ越しの翌日。
ダンボールがいっぱいのお部屋に届いたのは、
それはそれは温かみのあるブラウンが美しい大きなテーブル!!
素敵!!!
いい色!!!!


オーダーしたのはいいものの、「…入るのか?本当に入るのか…???」と、
工事中の現場に立ち入ってはダイニングのサイズを測り、
「…どうやら平気そうだね…」となんとなく納得する、という行為を
実は何度も繰り返した私たち。笑
でも、当然、ちゃんと図面から割り出してくれていたわけで、笑
どどーんと大きいテーブルは、あっという間にお部屋になじんでくれたのでした。


今回、ダイニングテーブルを新しくするなら…と決めていたのが、
いろんな形の異なる、お気に入りの椅子を集めること。
「テーブルの上から覗く背もたれの形がたまらない!」と
アーコールチェアを探したものの近くに扱うお店が見つからず…
いつも通う美容院にアーコールチェアがあることに偶然気づき、
購入したお店を聞き出して、神奈川まで足を伸ばしてみたり、
はたまたボーエ・モーエンセンの椅子を伊勢原で買ってみたり…
そんな2012夏は、遥か昔。笑


この大きなテーブルで、お友達を招いてワークショップをしたり、
家族でワイワイご飯を食べたり、
未来に生まれる子供が宿題をしたり、するのかな。

大事に使っていきたい宝物です。








[PR]
by yaji-cafe | 2012-11-20 20:34 | living
b0251466_20323976.jpg
先週末、新しいおうちにお引越ししました。

結婚してから2年暮らしたアパートは、
朝は鳥の声が聞こえて陽射しが明るくて、まるで高原のようで、笑
そして仲良しのクリーニング屋さんがいたり、お友達が近くで仕事をしていたり、
それはそれでとても大好きな場所だったから寂しかったのだけれど、
新しい場所も、早くも気に入っています。

半年前から新居を探し始めて、トントン拍子で決まったこの部屋。
まだダンボールがいっぱいで、ぜんぜん片付いてなんていないのだけれど、
インテリアがどうこう以前に、
なんだかとても穏やかな気持ちにさせてくれるこのお部屋に、
あぁ、ちゃんと私たちらしい場所を選べたのかな、なんてすこし安心します。

うっかり早く目覚めてしまっても
ベッドから空が青く、赤く変わる様子がのんびり眺められたり、
その美しさに思わず起き上がれば朝焼けが広がる窓がたくさんあったり、
高くなったお日様がお部屋をたっぷりあたためてくれたり、
近くにのんびりお散歩できる並木道があったり、
遠くにスカイツリーが見えたり(関東平野ってすごい!!)、
ギラギラしていないあたたかい夜景が広がっていたり。

実は最初は、新築のタワーマンションも見に行った私たち。
それはそれはホテルのような豪華なロビーにコンシェルジュ、
ジムもゲストルームもあってお見事!!だったのだけれど、
工場のように上から下まで整然と並ぶ玄関のドアたちや、
「価値のある物件を買い維持する」ことに強くこだわる雰囲気で、
「ここには、酔っぱらって帰ってこられれないよ…」と、夫。笑
その時は笑い飛ばしてしまったのだけれど、時間がたつほどモヤモヤが大きくなって、
いつか生まれる子供を伸び伸び育ててあげられない、と確信してしまったのでした。
私たちらしくない…と。

お友達がきっと私にピッタリと勧めてくれた
「中古物件をリノベーションする」、という方法は、
あまりにもわからないことが多くて手探りだったけれど、お気に入りの内装も出来て。
まずはこの場所を選べたこと、毎朝まぶしい朝日で目覚められることが、
ハナマルだな、と思うのでした。
いっぱい迷ってよかった!




[PR]
by yaji-cafe | 2012-11-20 20:33 | living
b0251466_10594764.jpg
実は、数週間後に引越しを控えている我が家。
半年にわたっていろいろと検討して打合せして準備してきたわけですが、
いよいよいろんなものが形になりつつあります。

お友達のダンナさまにプランニングしていただき、
そこからご紹介いただいた施工管理の方は同い年で、
相談もしやすくストレスのないコミュニケーションができるステキな人。
さらに、その方が声を掛けて集めて下さった職人さんたちの、
素晴らしいことといったら!!


珪藻土の塗り方を調整するため、先週も現場に。
すると、そこで左官屋さんが見せてくれたのは、めくるめく技術!
「大きなケーキみたいなもんです」なんて口にする若い左官屋さんは、
それはそれは気さくでお話上手で、技術はもちろん、センスがいい!
こちらの好みをくみ取りつつ、いろんな方法を提案しながら、
その場であっという間に、感覚のすり合わせがしっくりと完了。

まさかこんなに若い左官屋さんとは思わず、
そのギャップにまずびっくりしたのだけれど、
東京駅のパパブブレとか、オシャレなお店のいろんな無茶なオーダーに応えながら、
いろんな方法を模索して、素材もいろいろ、
おもしろい左官を手掛けているのだとか。
さらにパッションもあって、
「日本中の家屋、全部塗り壁にしちゃえばいいと思ってるんです。
 ほんと、今回の選択、大正解ですよ!」と太鼓判。笑
「一軒一軒、気持ち込めて塗ってます。…高いんで。笑」だって。笑
謙遜するのではなくて、誇りと自信を持って穏やかに仕事をしている様子が、
本当に素敵だなぁ…と思ったのでした。

完全に自然素材の、質のいい珪藻土を選んだので、
コストが高い分、一部のお部屋にだけ塗ることを選んだのだけれど、
話を聞けば聞くほど、その機能にビックリ!
「フラットに塗るより凹凸を付けた方が表面積が増える分、調湿効果が増しますよ」とか
「別の部屋に貼った壁紙接着剤から出るシックハウスの成分も吸着してくれます」とか!
何より驚いたのは、
「コーヒーやお茶をこぼしてシミになっちゃったら、ほっといてください。
 時間はかかりますけど、半年くらいで勝手に成分が分解されて、真っ白に戻るんで」
…ですって!!


そんな風に仕上がった壁は、とてもお気に入りなのだけれど、
そのセンス抜群の左官屋さんが持っていたステキなスピーカーに、
これまた興味津々!!!

現場用機械のメーカー「マキタ」というところが手掛けている現場用ラジオなのだとか。
これまた熱く語って頂いたところによると、
防水(短時間の風雨ならOK)、防塵、耐衝撃、そしてリーズナブル!!
「日本が誇るメーカーです!!」とのこと。笑
でも、重そうですね…って持たせてもらったら、意外と軽いのにもビックリ!!

新居にお手軽で素敵なオーディオ家電を探していたので、
ググッと興味が引かれたものの、CD再生機能がないところで足踏み中…。
キャンプが趣味になったら買おうかな…。(=一生買わない気がする…。)
 






[PR]
b0251466_10485031.jpg
すっかりご無沙汰している間に(失礼しました…)気づけばあれから1か月。
もう思い出になりつつある石垣島の旅のあの暑さが嘘のように、
いまは秋の真ん中に身を置いているけれど、
まだまだ余韻を味わえているのは、
あの旅の満足度を大きくUPさせてくれた、おいしいものとの出会い。

毎日の食事も、それはそれはおいしいお店や素晴らしい食材に出会えて、
だからおみやげも、かなり通好み!笑

例えば、島唐辛子。
沖縄のそばや汁ものによく投入するコーレーグースーは
よくおみやげに買っていたのだけれど、「作ればいいじゃん!」と、夫が。
なんて名案!!
ということで、島唐辛子を買ってきて、泡盛は自宅に戻ってから調達。
荷物も軽いし、飛行機の手荷物検査も液体を持ち込まないから面倒ではないし、
何より安い!!


そしてそして、今回本当に出会えてうれしかったのは、
石垣漁協が手掛けるツナフレーク!
3日目の夕食をいただいた辺銀食堂では、サラダにチャーハン、
いろいろなお料理にこれを使っているのだけれど、
お魚の味がして、その味わいがきちんとおいしいお魚で、その上油っぽくなくて、
夫婦そろってもう夢中!!!
まわりの人々があの有名な石垣島ラー油を買っていく中で、
私たちは、「このツナはいったいどこで買えるのか?」と質問し、
市場の2Fで大量に、それはそれは大量に買ってきたのでした。
(朝の遅い街なので、市場のおみやげ屋さんも、11時ごろ開店とのんびり。
 それを知らない私たちは、
 偶然4日目の夕方立ち寄ったタイミングで手に入れられたのだけれど、
 最終日の朝、追加で購入しようと思ったら、まだ開店していませんでした…。 
 要注意!)

ちなみに、同じブランドのもずくも、しっかりとした食感でオススメです!

これらに、いわずもがなのサーターアンダギーをゴロゴロ買ってきて、
大満足のお買いもの。
「ちんすこうで、まぁいっか!」とならなかったのが、
予想以上に気持ちをホクホクさせてくれたのでした!笑


(ツナ、お取り寄せしたいんだけど、できるのかなぁ…リサーチ中。)


[PR]