<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0251466_22004819.jpg
以前から仲良くしてくれていた前職の後輩ちゃん。
とてもキレイでポジティブな2人に、
わたしは圧倒されながらたくさんの刺激をもらっていました。
そして、私を含めた3人全員が、
たまたま数ヵ月の間に出産して、
いまはみんな、女の子のママに。

そんなかわいいお友達と、とても久々に集合することに。

なにか素敵なおみやげを持っていければいいのだけれど、
2人とも我が家の周辺よりも素敵なお店が立ち並ぶ場所に住んでいるし笑、
何より子連れで遠征する私としては重い荷物は増やせないし…。

…ということで。
3人おそろいのお洋服を手作りすることに。
とはいえ、どれくらい時間をとれるかは未知数なので、
リメイクすることにしました。

b0251466_22004879.jpg
材料は、無印のタンクトップと、
おうちにストックした布たち。
それぞれのイメージに合わせて、色柄を選んだら、
タンクトップをポケットの少し下でチョキチョキ。
あとは、長方形にカットした布をスカートに仕立て、
ギャザーを寄せながらタンクトップと縫い合わせて完成!
娘がお昼寝してる間に、2日間で3着仕上がるお手軽さ。
それぞれの女の子に合わせて、
少しずつサイズをアレンジできたのも手作りならではでした。

結果的に集まりは、
体調不良ちゃんが発生して延期になってしまったので、
季節を逃す前に郵便屋さんに託しました。
手にしたお二人からは、とってもうれしい写真つきのメールが。
うんうん、イメージ通り。
それぞれ似合っていて、よかった!



*おまけ* -------

b0251466_22004818.jpg
娘には、スカートと同じ生地でかぼちゃパンツをチクチク。
あんよでお散歩が大好きになった今、
どこでもしりもちついて地面の研究を始めるので、笑
汚れが目立たないブルマが欲しかったのです。
以前縫って以来大活躍している
ロングブルマパンツの型紙をアレンジして、
ショート丈に。


b0251466_22004867.jpg
お尻からチラリとのぞく後ろ姿がたまりません!







[PR]
b0251466_10021448.jpg
夏休みは、こどもと一緒に楽しめるアートがあちらこちらで。
我が家もいろいろ迷って、
東京都現代美術館にお出かけしてきました。

今開催中の「ワンダフルワールド」は、
こどもたちがあれこれ遊びながら
文字通りアートに触れられる楽しい空間!
嬉しいことに写真撮影もOKにしてくれていて、
いいカメラ、素敵なカメラを手にしたママたちもたーくさん!



b0251466_10022192.jpg
まず最初に現れるのは、橋本トモコさんの大きなかわいい絵!
「こどもたちがはじめて見るのにふさわしい絵」だとして、
今回の展示のトップバッターに選ばれたとか。
大きなリンゴに娘もダッシュ!
かわいいね。


残念ながら、影で楽しむクワクボリョウタさんの作品は
調整中だったものの、
次に現れた空間に、何より私が大興奮!


b0251466_10021974.jpg
「楽園/境界」というこの作品、
お部屋の隅々まで見るだけでもかわいい!
中央の大きなすべり台には
娘の年齢だとまだトライできなかったのだけれど、
小さな子にも楽しいトンネルや、
ウサギさんの木馬(木兎!?)がいっぱい!

娘も、駆け回るだけでなく、
周りの小さなおにいちゃんにツンツンちょっかい出して、
にんまりしていたり、
見知らぬ親子連れに割って入って声をかけてもらったり、
そういう触れ合いも楽しそうだった。

こんな子供部屋、作ってあげたいなぁ。
(と、夢ばかりが膨らむ…。)


b0251466_10021815.jpg
そうそう、もう一つ嬉しかったこと。
美術館内のベトナム料理カフェ、「Cafe Hai」は、
元々大好きな空間なのですが、
子供を連れて行くのは初めて。
以前、子連れOKと銘打つカフェで、
少しモヤモヤする思いをする出来事があったので、
ちょっとだけ心配していましたが、
ここは本当に気持ちのいい空間だった!

ベビーチェアもあって、席の間隔も離れているので、
少し飽きてしまった娘が歩き出しても周囲に迷惑をかけづらい
気持ちのいいスペース。
何よりうれしかったのは、
店員さんもフレンドリーに接客してくれるし、
いろいろと細やかな気遣いも見せてくれて、
ウェルカムな雰囲気でいてくれたこと!
おかげで、出産後初めて、
大好きなアジアンフードの外食ができました!
(ベビーフードも、持ち込みOKでした。)


実はもう一つ狙っているのが、横須賀美術館
今年は無理かな?
来年かな??
でも、こうやって考えるだけで大人までワクワクできる展覧会、
もっともっと増えてくれたらうれしいものです!




[PR]
b0251466_10031505.jpg
娘が1歳を迎えた時、夫に、
「おっぱいを365日忘れずにあげてくれてありがとう」
と、斬新な感謝をしてもらったのだけれど、笑
私が365日忘れなかったのが、もう1つ。

娘の、毎日の写真撮影。

そして、
1冊にまとめたものを、1歳のプレゼントにしよう、
と思って準備を進めていたのでした。

選んだのは、「写真の本」。
毎日撮影した写真をInstagramにUPしていたのを見て、
お友達が「yajiちゃんにぴったり!」と、
オススメしてくれたもの。

せっかくの記念だから、
しっかりした作りのもので、
そしてすべて大事だった365日を
全部まとめたかったわたしにとって、
この上ない素敵な情報!




b0251466_10031623.jpg
届いた実物は、とても素晴らしかった!
布張りの表紙はやはりとても特別な感じ。
そして、1ページ、1ページ、
大切にめくりたくなる気持ちに。
(ちっちゃかったなぁ!)


b0251466_10031664.jpg
まだ産まれる前、
娘に会えるのを楽しみにしていた頃の写真や、
エコーの画像も。
最後には、メッセージも…。


b0251466_10031652.jpg
実は今回、この本をまとめようと思ったのは、
娘の記録、という以外に、もう1つの理由が。

数年前、幼い2人の娘さんを遺して、
30歳の若さで、天国に旅立った友人がいました。
病気が分かったころには、既に意識もはっきりせず、
わずか3週間の出来事だった、と聞きました。

娘が産まれてから、
彼女のことをたびたび思い出すようになりました。
子供たちの成長を見られない彼女の切なさや無念さ、
そして、娘さんに伝えたかったいろんなことを、
満足な準備もできぬまま旅立つことになった、
親としての気持ち。
そういうことに思いを馳せると、
私に突然何かあったとしても、できる限り、
娘への気持ちや、私が娘を見つめていた視線を、
伝える準備をしておこう、と思うようになったのです。

b0251466_10031691.jpg
BOX&NEEDLEで見つけた大きなBOXに、
いろんな思い出と一緒に詰めて。

今回の1冊をいつ渡すかは、まだ決めていません。
弟や妹が産まれるときか、
はたまた、反抗期の始まりか。笑
もしかしたら成人するときかもしれないし、
結婚するときかもしれません。
でも、それがいつであっても、
この1冊が、
心をあたためたり、
少しでも支えになったりしたら嬉しいな、
…と思うのです。


どうか幸せな顔で、ページをめくってくれますように。

[PR]
by yaji-cafe | 2014-07-18 10:05 | baby