タグ:日帰り ( 5 ) タグの人気記事

b0251466_10211314.jpg
朝日が差し込む土曜日。
ゆっくりしたい夫と、翌日仕事を控えているので外出したい私。
こういう時には、こちらの主張を呑んでくれるので(…最近ジャイアンと呼ばれています。笑)、
鎌倉までドライブに出発。

いくつかお目当てのお店もあったのだけれど、突然出発した上に、
iPhoneのヘンテコなルートナビと(我が家、カーナビがついていないのです!)、
不安定なお天気、さらに高い駐車場にとめてしまったものだから、
散策もそこそこに帰宅…。
(いいの、私は「ドライブがしたい」って言ったんだもの、いいの…涙)


「だったら、勘で、家まで帰らない?」


少し前に二人で見たバラエティ番組の企画で、
「土地勘のない人が、ナビに頼らず赤羽に辿り着く!」というのを見ていた影響で。笑
そんなわけで、男なのに方向音痴の夫と、
しっかりしていると言われ常に先頭を歩くのに実はこれまた方向音痴の私を乗せた車が
迷走をスタート!

「私は左だと思うんだけどなぁー…」
「え、オレは右なんだけど。」
(しばしウロウロ…)
「…っていうか、こっちの空が明るいということは、こっちが西じゃない?」
「…!!!」
(なぜ今まで気づかなかったのだ!)

結局、不安とは裏腹に、ゆっくりだけれど見覚えのある道にたどり着けて、ほっと一息。

あぁ、前もベイブリッジ、渡って帰ったものね!
と、安心した私たちの目に飛び込んできたのは、
たっぷりの雨で表れた透明な空気に浮かぶ、
それはそれはきれいなみなとみらいの夜景でした。


うん、なかなかいいドライブでした。
ぜひ。
(あ、心と時間の余裕があるときに!!!笑)




[PR]
by yaji-cafe | 2012-09-04 10:23 |
b0251466_1033445.jpg
夫は仕事、夫婦とも実家は関東、私の仕事は週末ばかり…ということで、
夏らしい予定は特になかった私。
が、そこに「THE 夏休み」な地元からのお誘いが飛び込んでまいりました!

みんなの帰省に合わせて、毎年お盆のこの時期に、
中学校のメンバーを適当に集めて催されている、気ままな集会。
今年はBBQ!
目指すは嵐山渓谷!!

地元近くにありながら、恥ずかしながらその存在すら知らなかった私でしたが、
河川敷はぎゅうぎゅう詰めの混雑ぶり!
関越自動車道も近くにあるせいか、駐車場には都内のナンバーの車もたくさん!
こんなに混んでいたら入れないだろー…と思っていたら、
幹事の友人、屋根付き炉に加えて、駐車場も台数分予約してくれていました!
すごーい、さすが!

突然の通り雨やギラギラの太陽、湿気をたっぷり含んだ空気の中で
火に向かうのはそれはそれは紛れもなく暑い熱い時間なのだけれど、
15年以上ご無沙汰だった友人とも会えて、
マメな男性陣にすべてをまかせっきりにして
女性は積もり積もった話に盛り上がれるという、めくるめく時間…。笑


さてさてこのBBQ場、山奥に入っていくわけでもなく、フラリと立ち寄れるのに、
川遊びできるっていうのも魅力。
ちびっこはもちろん、ガッツリ水着のお姉さんたちもたくさんいましたが、
私たちは足だけをつけて。
それだけでも十分涼める夏の優雅な時間でした!



(あ、写真はBBQ後に立ち寄った、地元のコンビニの駐車場にて。
 夕暮れまで地べたに座って語らうという…まるで部活帰りの中学生…。笑)



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
嵐山渓谷バーベキュー場
埼玉県嵐山町大字鎌形2857
営業期間: 4~11月末は無休、12~3月は休業


友人によると、BBQのあとは、近くのお風呂でくつろぐという王道も
オススメらしいですよ!











[PR]
b0251466_9124723.jpg
あつーいあつーい少し前の週末。
少しでも涼しい気分に…と、なんと初めての(!)八景島シーパラダイスへ。

天井まで続く大きな水槽、水槽の中を上るエスカレーター、シロイルカ。
楽しみにしていたものはすごくたくさんあったのだけれど、
中でも、のんびり泳ぐイルカたちが、それはそれはステキで、
大きなトンネルの下に座り込んで、目を離せなくなって、本当に長い時間、動けなかった。

透明の青に体をくゆらせる姿、
ゆらゆら浮かぶフープに体をくぐらせゆったり遊ぶ様子、
そうかと思うと追いかけっこをしてすごいスピードで行き来する子たち。

人が笑顔で見つめるのをちょっとだけ意識してからかうように、
でも結局は伸び伸び気ままに自由に泳ぐ姿を見つめるだけで、
どうしてこんなに心穏やかになるのでしょう。
…平和。笑




b0251466_9124946.jpg
大好きな一枚。




b0251466_9124576.jpg
そして、この一枚も。
なんてかわいいお客さん!
手を振る無邪気なかわいらしさにキュンとしたのだけれど、
なんだかラブラブな二人の姿も!笑






[PR]
by yaji-cafe | 2012-08-07 22:01 |
b0251466_2032331.jpg
上ってきました、スカイツリー

今日までが完全予約制の展望台。
1か月ほど前に、「意外と余っているらしい」という情報がテレビで流れてて、
HPを覗いたら…ホントだ!!

梅雨明けにきっと近いだろうから…!と一番遅い日の朝イチの枠を予約!
…おうちの遠い私たち、8時に間に合うように、5時起きで、
二人そろって電車で寝過ごすという寝ぼすけ夫婦…。笑



b0251466_202546.jpg
目論み通り、空はピカピカに晴れて、お日様どころがお月様まで登場!
楽しい!なんだかとても楽しいよー!!!!





b0251466_2025728.jpg
目指すは、一番上の展望回廊!
ソラカラちゃんが、最高地点まで案内してくれます。




b0251466_203055.jpg
…もうすぐ!
ドキドキ!!!!





b0251466_203418.jpg
実際に立つソラカラポイント(=最高地点!)は、
あまりにも高すぎて、恐怖も感じないくらい気持ち良くて、
本当に空を歩いているような気分。
この時点で、まだ朝9時。笑
みんなが楽しくてワイワイしていて、なんだかとっても平和な朝なのでした。




b0251466_2031249.jpg
今回予約したチケットは、実は3枚。
誰と行くかは決めずに予約したのだけれど、
お仕事がちょっと落ち着いた夫と、そして結婚式の時にお世話になったプランナーのaちゃんと。
なんとaちゃんの大事な人がこんなに楽しくてステキなソラマチを作った中の一人。
なんだかとってもスペシャルな時間!うふふ。




b0251466_203853.jpg
結婚式後も数回会っていたけれど、ここのところご無沙汰していた彼女と。
最近のこと。
未来のこと。
たわいもないこと。
地上345mでゆっくりじっくりお話してきました。



b0251466_2032632.jpg
スカイツリーを2時間満喫して、ソラマチをブラブラした後は、
aちゃんオススメのレストラン、Issare shu cielo (イザーレ シュウ チエロ)へ!

OPEN直後に到着したのに、既に行列していたので、事前に予約していた私たちは大正解!
しかも、ツリーの真ん前の特等席が用意されていました。
席を予約すると、ちょっとお高めのコースをオーダーしなくてはいけないのだけれど、
その分ゆーっくり贅沢な時間を楽しめます。
aちゃん情報のおかげ、ありがとう!!




b0251466_2032979.jpg
楽しくて大事な人たちと、気持ちよくて穏やかな時間を、ただただ過ごす贅沢。
早起きした分眠いはずなのに、とっても元気がチャージされた一日でした。
最高で大好きな一日を、ありがとう!






























[PR]
by yaji-cafe | 2012-07-10 20:28 |
b0251466_11553983.jpg
6月のある日。
yuricoさんと、クレマチスの丘へ。





b0251466_11554035.jpg
ヴァンジ彫刻庭園美術館の10周年を記念して4月から開催されている企画展、「庭をめぐれば」。
写真、絵画、グラフィック、植物…19組の現代アーティストの作品が集まって、
ステキな空間を生み出しているに違いなかったので、どうしても訪れたくて。



b0251466_11554395.jpg
午後からは雨の予報。
まずはゆっくりとお庭を満喫。



b0251466_11555173.jpg
b0251466_1155532.jpg
b0251466_11554447.jpg
yurico、大盛り上がり。笑






b0251466_11555555.jpg
館内には、広々としたスペースに、かわいい作品が所せましと…!
「美術館」というとどこか窮屈な印象を持ちがちだけれど、
かわいいものに静かにゆったり触れられるステキな空間が、そこに。

じっくり見たいところだけれど、一旦軽く一回りして、
雨粒が落ちてくる前に庭園へと進みます。



b0251466_11555830.jpg
b0251466_11555651.jpg
この時期、クレマチスは花盛り。



b0251466_1156483.jpg
のんびり芝生で遊ぶのも楽しそう。
小さいボクがいながら、静かにあたたかく見守って楽しむこのご家族、すごくよかった。





b0251466_1156968.jpg
完璧に咲く、バラ。



b0251466_1156747.jpg
この季節だけの彩りで切り取られた風景が、たくさんありました。





b0251466_11561077.jpg
美術館に戻る前に、腹ごしらえ。
ちょっとお高めのこのレストラン
どうして楽しみにしていかというと、D-BROSの「hotel butterfly」とのコラボがあったから!
とはいえ、お値段も張るので、エントランスで
「見て楽しめる感じの装飾なんですか?」「写真は撮れますか?」って、
しつこく確認。笑



b0251466_11561345.jpg
こんなにコラボに注目したお客さんも珍しかったようで、とっても丁寧に案内してくれた上に、
かわいいね、かわいいね、って騒ぐ私たちに、
お店の方がこっそり、チョウチョを2羽ずつプレゼントしてくれました。
これぞ、旅の醍醐味!笑
(あ、お食事は、もちろん、ハナマル!)




b0251466_1156225.jpg
外に出ると、彫刻が泣いていました。
やっとゆっくり、館内へ。




b0251466_11572256.jpg
午後は貸切だった広い空間。

結婚式の準備でちょっと疲れてたyuricoさん。
この時期、理由もなくなんとなく気持ちのモヤモヤが晴れなかった私。
あくびをしていた学芸員さん。

みんな勝手で、みんな自分の世界で、それも許してもらえる感じが心地よかった。




b0251466_11593645.jpg
とても素敵だったのは、長島有里枝さんの写真。
ずーっと眺めていたかった一枚。




・・・・・・
開館10周年記念展 庭をめぐれば

会期:2012年4月21日(土)─ 8月31日(金)
休館日:水曜

【出品作家】(アイウエオ順)
イケムラレイコ、植原亮輔と渡邉良重、小粥丈晴、狩野哲郎、川内倫子、木村友紀、
草間彌生、さとうりさ、杉戸洋、須田悦弘、竹川宣彰、長島有里枝、奈良美智、
日高理恵子、古屋誠一、丸山直文、三嶋りつ惠、村瀬恭子、レインボー岡山









[PR]
by yaji-cafe | 2012-07-05 18:10 |