b0251466_22511398.jpg
お手紙大好き。
ラッピング大好き。
マスキングテープは100本以上…。

「紐とか、紙とか、こういうの買ってしかも使う人ってどこにいるんだよって思ってたけど、
 まさかここにいた…」とは、夫のセリフ。笑

ワークショップにお友達が来てくれるたびに、
「やじはいったい、こういう紙モノ、どこにしまってるわけ…?」というのは
よく聞かれる質問の5本の指に入るのですが、
いや、今まで、ファイルボックスになんとなーく仕分けて突っ込んだりしておりました…。
が、しょっちゅう使う分、そして大量に持っている分、
出して、探して、しまって…(そして散らかって…)というのがさすがにストレスに。

というわけで到来した大ブーム、紙モノお片付け大作戦!

実は、この少し前から、バラバラと保管されていた数々の写真を
統一したアルバムに入れ直すという作業をしていたのだけれど、
「紙モノも、こうやってファイリングすればいいのよね!」とひらめいたのです!!
(…ん?もしかして常識…???)


例えば、切手用の素敵な海外郵便局のファイルがあるのも知っていたのだけれど、
今回は
* いつでも買い足せるグッズで
* モジュールを揃えて収納した姿を美しく
* 検索性を上げてフル活用できるように
* 出し戻しを簡単にして片づけやすく
…という世界の実現を目指すことに!



b0251466_22511791.jpg
…ということで、今回統一したのは、無印のバインダー。ポケットは3種類を用意して。
レターセットや封筒の束など、大きなものはA4のポケット。
タグやカード、小さ目の封筒はハガキ用ポケットに。
そして、切手は名刺サイズのカード用のポケットを使って。
背表紙には、マスキングテープにスタンプを押してペタッとするだけ。


いろいろ考えた結果、私の場合は、以下のカテゴリでファイルをまとめましたよ。
* CARD : メッセージカード、メッセージタグ、ポストカード
* LETTER PAPER : レターパッド、レターセット
* ENVELOP・STAMP : 封筒、切手
* BAG : ポチ袋、紙袋
* WRAPPING : シール、海外切手、ラッピングペーパー


…で、使い心地ですが…これがすごくいい!
それぞれの総量把握がしやすいので、重複して買ってくる、ということがなくなる。
ページをめくって欲しいものを探せるので、むやみにいろんなものを引っ張り出して
コーディネイトを考えているうちに散らかる…という事態になりにくい。
何より、必要なファイルだけ取り出して片づければいいという手軽さ!



…そもそもこんなにバラバラとした紙モノと格闘している方が
果たしてどれくらいいるのか?という話ではありますが、笑
統一ファイリング、すごく、オススメです!






[PR]
by yaji-cafe | 2012-09-16 22:57 | living
b0251466_8304715.jpg

先月末に迎えたお誕生日。
そのお祝いに、今年は夫に青森に連れて行ってもらいました。

そこで出会ったかわいいもの。
こぎん刺し。
今回の旅で、ぜひ体験してみたかったことの一つ。

ガイドブックには「弘前こぎん研究所」がよく紹介されているのだけれど、
土日祝はお休み…とのこと。
それでも、やってみたい!やってみたい!!と調べてみたら、
ホテルの近く、青森市内のアスパム予約なしで体験できるという情報が…!
2日目の朝いちばんに行ってきました。



b0251466_8305247.jpg
二人で選んだのはランチョンマット。
(こういう体験モノ、夫も好きなのです。初めて針を持つ姿を見ることに…。笑)
布の縦糸を1本、3本、5本…と、
奇数ですくっていくというルールを組み合わせて生み出される模様は、
生活に密着したものが取り入れられたモチーフになっているのです。
「これはね、”とんぶりこ”って言って、津軽弁で”とんぼ”のことなのよ」って、先生。
ホントだ!!!

ランチョンマットは刺す部分が多いので、
一通りのやり方を学んで、一人で進められる段階まできたら、残りは宿題に。
(っていっても、がっつりここまで1時間半!)
本当にスゴイ、楽しいですね、すごく素敵!!!ってはしゃいでいると、
「オリジナルを作るにはこうやったらいいのよ」って丁寧にアドバイスも。




b0251466_8305655.jpg
厳冬の地であるにも関わらず、
かつては麻布しか身につけてはいけない、しかも裏地を付けることも許されない、
という地元の人々が、布地の補強と防寒の対策として
麻布に木綿糸を刺したのが始まりというこぎん刺し。

仕組みは単純で、コツをつかむととても楽しくてグングン進むのだけれど、
実際に作ってみるとそこに費やされる時間や手間がそれはもうひしひしと実感できて、
お店に並ぶどんなに小さな作品も、とっても愛おしくて大事にしたくなる。
手元に置いて、大切に使おうと決めて、自分へのおみやげを選んできました。

伝統的な紺の布地に白の糸、という以外にも
布地と糸のいろの組み合わせがとても豊かに自由に広げられて、
本当にかわいいこの手仕事。
すっかり虜になってしまって、本も買ってきたので、
新たな趣味になりそうです…!

(そうそう、ランチョンマットは帰りの新幹線で、夫も分も仕上げました!
 もう少しもどこ(=模様)を増やして、先生の教え通りオリジナルにしてみようかしら…。)







[PR]
b0251466_17163330.jpg

大好きな大好きないつものお店、rytas
今日はいつも以上にワクワク!
とてもすてきなガラスのボタンが並ぶ展示が開催されているから。

以前からガラスボタンが大好きで、
あてもなく手に入れては手元に置いて、たまに眺めてウフフとしてみたり、
お友だちのお誕生日に、その子のイメージの色やデザインのボタンを選んでみたり、
手放したくない葛藤と闘いながらラッピングに使ってみたり…
そんな風にしてきた私なので、しっぽを全力で振ってしまうような企画、
行かないわけにはいかなかったのです!



b0251466_1716382.jpg

marbleさんのことは実はこれまで知らなかったのだけれど、
それが悔やまれるくらいに、本当に素敵な作品のオンパレード!
キラキラ、宝石みたいに輝くボタンの一つ一つが、本当に丁寧に作られていて、
まるで小さな女の子が夢見るお姫様のようなイメージのものや、
ちょっと落ち着きを求める大人の女性にしっくりなじむアクセサリーも。

ただのボタンではないけれど、
だからといってとがったデザインに走るわけでもなく、
ただかわいいものを作っていらっしゃるわけでもなく、
ガラスという素材や手法ならではの仕上がりに、
ため息ばかり。

午後はちょっと済ませたい用事があったので、
早めに行って早めに帰ろう!と、開店と同時にお邪魔したのだけれど、
あの素敵にウットリさせられる迷宮から、なかなか抜け出せない…!笑
心ばかり先走って、考えがまとまらないほど、
本当に素敵な展示でした。




b0251466_17164342.jpg
迷いに迷って私が手に入れたのは、このボタンたち。
ネックレスやピアスを買おうか…とも思ったのだけれど、
この子たちを組み合わせて、自分でネックレスを作ろうかな、なんて。
…いつになるかは、自信がないけれど!笑



・・・・・・

marble
ガラスボタンとアクセサリー展
2012.7.10(火)~22(日)


rytas
さいたま市大宮区高鼻町1-38-1F
JR大宮駅東口より徒歩10分

12:00~19:00(日のみ~18:00)
月曜日定休(会期中無休)










[PR]
b0251466_183484.jpg

国立新美術館のミュージアムショップ、「スーベニアフロムトーキョー」で
先月から開催されている、「mt lab」。
3組のブランド、クリエイターが会期を分けて、mtを使用した作品を展示しています。

1組目の「リボネシア」に続いて、今日は2回目の来場。
mina perhonenの展示初日なのです!

当然、大人気で、レジは長蛇の列。
マスキングテープ数本を買うために、20~30分の行列(!)に並んで手に入れたのは、
こちらのテープたち。

minaのマスキングテープは、これまでどれもかわいくて買い集めてきたけれど、
今回のもまた、かわいい!
100本以上テープを集めた(!)私としては、
凝った絵柄モノよりも、ドットやストライプなどなどのシンプルな模様が一番使いやすい!
というのが行き着いた結論なのだけれど、
今回のminaのは、絵柄モノでありながら、これまでにない可能性を感じます…(マニアック!)。笑




b0251466_1835214.jpg
おうちに帰ってさっそく手がけたのは、私にとっては恒例の、iPhoneの衣替え!
前に買ったminaのテープと組み合わせて。
うふふふ、かわいいでしょう???
自画自賛!

とぼけた動物いっぱいの、ちょうちょが舞う森のiPhoneの完成です!




・・・・・・
mt lab Part3 minä perhonen(ミナ ペルホネン)

07.05 – 07.23

東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館B1
10:00-18:00(金曜日のみ20:00まで)
毎週火曜日定休





[PR]