b0251466_1431087.jpg
青森で迎えた朝、2日目。

本当は白神山地に行く予定が、あいにくの雨模様。
(…そういえば、前日の最後に撮影した写真
 夫に「雨乞いしよう」って言われて撮った一枚。…自爆。笑)

予定を変更してこぎん刺しを堪能した後、
青森県立美術館に向かうことに。




b0251466_14305550.jpg
ここも絶対に行きたい!ってお願いしていた場所。
同じ公園の中にある三内丸山遺跡にイメージを得て設計されたという建築は、
真っ白な壁、廊下、ちょっとした迷路のようで、お散歩するだけでなんだかワクワクする場所。




b0251466_14305183.jpg
十和田の美術館と違って、写真を撮れる場所は限られているので
私たちにしてはおとなしい楽しみ方だったけれど、笑
いつでもフラリと行き来できる街の中にこういうスペースがあるのは本当にうらやましい!
(ちなみにこの有名なあおもり犬は、無料で入れるスペースにあるので、
 美術館はちょっと…という人にもオススメ。)

yaji的には、ガッツリはしゃぎながら、新しいアートの楽しみ方を味わうなら十和田。
有名どころをおさえてお手軽に、という場合には青森県立。
という感じでしょうか。




b0251466_14303937.jpg
さて、一度ホテルに戻ってひと休みしたら、楽しみにしていた夜ゴハンへ!




b0251466_14302595.jpg
夜の早い青森、
実は前日はいいお店があいている時間にたどり着けず、
チェーン店の居酒屋で腹ごしらえという不本意なことに(!)。
今日こそは!今日こそは!!お寿司!!!!!

ちょっと車を走らせてたどり着いたのは「秀寿司」。
キレイで広々としたたたずまいにちょっと緊張しひるんだ私たち、テーブル席を選択。笑
一番たかいおまかせ握りの特上を注文!
この大トロが、それはそれはおいしくて、もううっとり…!
普段はビールで貫くのに今回は日本酒を選択した夫、
「日本酒と合うねー…あぁ、うまいねぇ…」って、自画自賛。笑

すっきりと盛り付けられたお寿司が3回にわたって出されるのだけれど、
食べ終わるのが名残惜しくてちょっとペースを落とした私たちに、
大将からのうれしいサプライズ!
「若い人に通ってもらわなくちゃいけないからさ!」と、お寿司を3貫サービスしてくれたのです!
きゃー!!

さらに、〆のお吸い物、「ダンナさんはお酒終わったころお出ししますね」って、
まずは私に出してくださったのだけれど、
夫がお願いするころにはすでにお吸い物を平らげた私に、
「奥さん、おかわり、遠慮なく!」って!!
い・た・だ・き・ま・す!!!!笑

「市内ではなく、観光で来たんですけど、ちゃんと宣伝しておきますね!!!」と
お伝えしたら、宣伝部長に任命するべく、
お店の方、しっかりパンフレットを数部私に委ねてくれました。笑

みなさーん、青森では、秀寿司、秀寿司ですよー!!!!!!

(こんなに感じのいいお店だったらカウンターにすればよかったね。)



と、実はお寿司の中盤から、「ドン!!!ドン!!!!」と、ものすごい音が!





b0251466_14302213.jpg
青森港で打ち上げられていたのは、今年初めての花火!
偶然に感激!!

街の灯りと、海にうつる花火。
小雨のせいかしら、煙にも邪魔されることなく、一つ一つの花火が花開く様子が
キレイに、キレイに見えました。
通りすがりでも、のんびり楽しめる気の抜けた感じも、とてもよかった。


そうしてホテルに戻った私たち…ですが、まだ終わらない!笑




b0251466_14301555.jpg
ホテルの隣に偶然見つけた、喫茶店「マロン」。
窓から垣間見えるレトロさといい、薄暗さといい、喫茶店のくせに23時までやっている感じといい、
もう気になって仕方がない!!!!

「明日の朝ごはんにする?」
「いいね。でも、ここカレーがおいしいみたい。」
「朝でも食べられるのかな?」
「とりあえず、近いし、コーヒー飲みに行ってみる??」

ちょっと勇気を出して足を踏み入れると、意外なほど盛況!
働いているのは、ちょっとお年を重ねたおばちゃんたちばかりなのだけれど、
その接客が、また、すごくいいのです!!!
フレンドリーで、笑顔で、ユーモアがあって、心から嬉しく迎えてくれている感じ。

「カレーって、朝でも食べられます?」
「あー、作る人がね、11:00からしか来ないんです」
「そうなんだ!じゃぁ、今からとか、いけます?」
「あーオーダーストップ過ぎてるんだけど…ちょっと待って!!!」

呼び止める暇もなく消えていったおばちゃんは、これまたあっという間に戻ってきて、
「大丈夫大丈夫、特別ね!」と、カレーを出してくれたのでした!




b0251466_14301870.jpg
そして、お寿司のデザートにカレーを食べる夫。(おい!!)
このおなかにこのカレー、納得でしょう?笑

カレーもコーヒーもケーキも、全部きちんとおいしくて
(というか、きちんとどころかすごくおいしいのです、これが!)、
すっごく気に入ってしまった私たち
(というか私。)、
「明日の朝、また来ます!」と声高らかに宣言して2日目を終えたのでした!




・・・・・・
* 2日目 *

   こぎん刺し体験@アスパム 
⇒ 青森県立美術館
⇒ ホテルでお昼寝 
⇒ 秀寿司で夜ゴハン
⇒ 青森港で花火!
⇒ マロンで夜ゴハン(あれ?)




[PR]
by yaji-cafe | 2012-07-23 09:34 |
b0251466_20393869.jpg
ほのぼの荷物の準備をしてくれる八戸の市場のおばちゃん、
吸い込まれそうで地球に2人だけにされてしまったような真っ暗に続く夜道、
日本中晴れてるのに前も見えないほどの大雨。

初めての、青森に行ってきました。

1日目は、どうしても行きたかった、行きたくて仕方なかった、十和田市現代美術館へ。



b0251466_20394133.jpg
十和田に着いた時から、雲間から光が差し始めて。
青空がもったいなくて、美術館に入る前に、お外でアートを堪能することに!




b0251466_2039528.jpg
美術館に沿ったお役所通り沿いには、「ストリートファニチャー」として
数々のオブジェが点々と並んでいるのです。
カラフルなバス停、鏡みたいなベンチ、誰かが眠っていたみたいな大きなクッション!笑

セルフタイマーで何十枚と、踊りながら陽気な夫婦の記念写真を撮っていたら、
自転車に乗った地元の小学生が、気を遣って前を通るのを待ってくれました。笑




b0251466_20394492.jpg
美術館の前には、気持ちいい芝生とアートが点在した「アート広場」も。
草間彌生のかぼちゃも、ここでは中に入れるのです!
気持ちいい寝場所を見つけることにつけては天下一品の夫、HAPPINESSを全身で表現中。笑
ポーズじゃなくて、本気で寝てます、念のため。
(たしかに、素晴らしい芝生だった!)




b0251466_20394646.jpg
やっと入った美術館の中も、それはそれは素晴らしくて。
写真が撮れないのが残念だったけれど、
眺める芸術ではなく、一緒に遊ぶアートばかりで、楽しくて、ステキで、住みつきたいほどだった!

…そうそう、忘れていたけれど、この旅、先月迎えた私のお誕生日を
祝うべく夫が企画してくれたもの。
オノヨーコのリンゴの木に、ステキな一年を祈って。





b0251466_2039493.jpg
とても去りがたい場所だったけれど、
夕方のお楽しみもあることですし、とりあえず馬の街を後にすることに。




b0251466_20395573.jpg
暗くなる前に向かったのは、奥入瀬渓流
予想以上に美術館を満喫してしまって、ゆっくり歩く時間もなかったから、
気になるスポットまで車を走らせ、遊歩道をちょっとだけお散歩することに。



b0251466_20395853.jpg
目指したのは、大きな滝!(夫が、滝好きなもので…。笑)
これは「雲井の滝」、だったかしら…?
滝の大きいことといったら!
夫のちっぽけなことといったら!!

30分くらいの遊歩道のお散歩だったけれど、
透明な水がすごい勢いで流れる様子、
木と川と土だけに囲まれた中でポツンと歩く時間は、すごくよかった。


…と、そろそろ日の入りを目指して十和田まで戻りましょう!





b0251466_2040123.jpg
だって、夜しか見られないアートがあるのです!

現代美術館は閉館して中には入れないのだけれど、
外壁が刻一刻と色を変える光で映し出されたり、
アート広場の作品がライトアップされたり、これもまた楽しくて!
観に来ている人は他にいないので、貸切の美術館をゆっくりと。




b0251466_2040984.jpg
最後は、広場のみんなと宇宙と交信。笑
「たぶん、今日来たどのお客さんより味わいきったね…」と夫。
うん、たぶんね。笑




・・・・・・
* 1日目 *

   八戸駅 
⇒ 八食センター(八戸)、七輪村でお昼ごはん
⇒ 十和田市現代美術館 
⇒ 奥入瀬渓流 
⇒ 十和田市現代美術館
⇒ 青森市内へ









[PR]
by yaji-cafe | 2012-07-19 21:12 |
b0251466_11553983.jpg
6月のある日。
yuricoさんと、クレマチスの丘へ。





b0251466_11554035.jpg
ヴァンジ彫刻庭園美術館の10周年を記念して4月から開催されている企画展、「庭をめぐれば」。
写真、絵画、グラフィック、植物…19組の現代アーティストの作品が集まって、
ステキな空間を生み出しているに違いなかったので、どうしても訪れたくて。



b0251466_11554395.jpg
午後からは雨の予報。
まずはゆっくりとお庭を満喫。



b0251466_11555173.jpg
b0251466_1155532.jpg
b0251466_11554447.jpg
yurico、大盛り上がり。笑






b0251466_11555555.jpg
館内には、広々としたスペースに、かわいい作品が所せましと…!
「美術館」というとどこか窮屈な印象を持ちがちだけれど、
かわいいものに静かにゆったり触れられるステキな空間が、そこに。

じっくり見たいところだけれど、一旦軽く一回りして、
雨粒が落ちてくる前に庭園へと進みます。



b0251466_11555830.jpg
b0251466_11555651.jpg
この時期、クレマチスは花盛り。



b0251466_1156483.jpg
のんびり芝生で遊ぶのも楽しそう。
小さいボクがいながら、静かにあたたかく見守って楽しむこのご家族、すごくよかった。





b0251466_1156968.jpg
完璧に咲く、バラ。



b0251466_1156747.jpg
この季節だけの彩りで切り取られた風景が、たくさんありました。





b0251466_11561077.jpg
美術館に戻る前に、腹ごしらえ。
ちょっとお高めのこのレストラン
どうして楽しみにしていかというと、D-BROSの「hotel butterfly」とのコラボがあったから!
とはいえ、お値段も張るので、エントランスで
「見て楽しめる感じの装飾なんですか?」「写真は撮れますか?」って、
しつこく確認。笑



b0251466_11561345.jpg
こんなにコラボに注目したお客さんも珍しかったようで、とっても丁寧に案内してくれた上に、
かわいいね、かわいいね、って騒ぐ私たちに、
お店の方がこっそり、チョウチョを2羽ずつプレゼントしてくれました。
これぞ、旅の醍醐味!笑
(あ、お食事は、もちろん、ハナマル!)




b0251466_1156225.jpg
外に出ると、彫刻が泣いていました。
やっとゆっくり、館内へ。




b0251466_11572256.jpg
午後は貸切だった広い空間。

結婚式の準備でちょっと疲れてたyuricoさん。
この時期、理由もなくなんとなく気持ちのモヤモヤが晴れなかった私。
あくびをしていた学芸員さん。

みんな勝手で、みんな自分の世界で、それも許してもらえる感じが心地よかった。




b0251466_11593645.jpg
とても素敵だったのは、長島有里枝さんの写真。
ずーっと眺めていたかった一枚。




・・・・・・
開館10周年記念展 庭をめぐれば

会期:2012年4月21日(土)─ 8月31日(金)
休館日:水曜

【出品作家】(アイウエオ順)
イケムラレイコ、植原亮輔と渡邉良重、小粥丈晴、狩野哲郎、川内倫子、木村友紀、
草間彌生、さとうりさ、杉戸洋、須田悦弘、竹川宣彰、長島有里枝、奈良美智、
日高理恵子、古屋誠一、丸山直文、三嶋りつ惠、村瀬恭子、レインボー岡山









[PR]
by yaji-cafe | 2012-07-05 18:10 |